社会保険労務士を独学で目指す・決定版

社会保険労務士の年収

社会保険労務士の年収は約450万だと言われています。

そもそも、社会保険労務士を目指すにあたって、
その理由はなんでしょうか?社会の役に立ちたい、という人もいるでしょう。
その多くはスキルアップや、就職活動に役立てたい、また、自分の仕事にプライドを持ちたい、という理由もよく耳にします。
いずれも共感できる理由ですが、
その背後には、少なからず「少しでも年収が上がれば」という気持ちがあるのではないでしょうか。

厚生労働省の発表によると、社会保険労務士の平成22年度の平均年収は760万円でした。
また、平成21年度は348万円、平成20年度は604万円と年によって、かなりの差があります。
では、年収にこんなに大きな差ができる理由はなんでしょうか。
社会保険労務士は開業してすぐに仕事が次々に入ってくるというものではありません。
開業社会保険労務士の場合、中小企業とつきあいを増やし、顧問契約先が増えて初めて、
月々の収入が安定してくるのです。

最初の1、2年は年収が300万円以下で貯金を切り崩して生活しなくてはいけないというのも、よくある話です。
ただし、顧問先が増え、名前が売れてセミナーなどを開催するようになると、年収はぐっと上がります。
年収1000万から3000万円という話も少なくないのです。

また、社会保険労務士には会社に勤めながら資格を生かす勤務社会保険労務士という働き方もあります。
この場合は基本的にサラリーマンの給料と同じ。
社会保険労務士の資格分いくらかアップすることもあるのですが、
年に100万200万も上乗せされるわけではありません。

これらの理由から、社会保険労務士の年収は低いと300万円、サラリーマンだと500万円、
開業社会保険労務士でトップクラスになると3000万円とばらつきが出てきます。
平均年収はすべての年収を足して割ったもので、それが上記の金額が出てきています。

やる気次第で年収3000万円生活も夢じゃない社会保険労務士というお仕事。
なりたい、という気持ちがますます強くなってきませんか?

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたへのお勧めは【通信講座のフォーサイト】です。
>>いますぐ無料サンプル教材を取り寄せ