社会保険労務士を独学で目指す・決定版

社会保険労務士勉強のモチベーションアップ法

社会保険労務士の勉強を独学で続ける内に、必ずぶち当たる壁に「モチベーションダウン」があります。やってもやってもゴールが見えず、なかなか気分があがらない……そんな時は自分で気分を盛り上げちゃいましょう!

いくつかのモチベーションアップ方法をあげるので、気になったものを試してみてください。

ご褒美法
ダイエットなどでよく利用されるやり方ですが、ここまでがんばったら自分にご褒美をあげる、というものです。例えば、2時間勉強したらケーキを食べても良い、この章を読み終えたらテレビを見ても良い、1週間がんばったらお酒を飲んでも良い、一ヶ月がんばったら気になってた新しい携帯電話を買ってもいい、など、自分自身でゴールを決めます。
あまり長期間だったり、豪華すぎるご褒美だと逆効果になってしまうこともあるので要注意。
ご褒美が決まると、紙に書いて机など目につく場所に貼るとさらにモチベーションアップ。馬ににんじん、と同じですが意外と効果があります。

体験談法
社会保険労務士の勉強をする目的が見えなくなってきたら、すでに合格し社会保険労務士になった先輩方の体験談を読むことをおすすめします。実際に働いている人の姿と彼らも苦労して勉強していたことをリアルに知り、また、自分ががんばって勉強することで彼らのように社会保険労務士として働きたい!と思うもの。このやる気が出てくれば、勉強する意味が見え、机に向かうのもきっと楽しくなるはずです。

45分法
モチベーションアップというか集中力アップの方法ですが、45分勉強したら15分休憩をするというやり方です。人間の目は1時間で眼精疲労を起こすので、その少し前の45分が集中力的にも最適とのこと。学校の授業時間もだいたい45分単位のことを考えると、なるほど納得ですね。
最近、集中力が落ちてきたなと思ったら、タイマーを片手に勉強をしてみませんか?

勉強ストップ法
名前のままですが、社会保険労務士の勉強をやめてしまう方法です。ただし、この方法が有益なのは勉強を続けて半年以上経ってから。これだけやってしまうと「もったいない」という心理が働き、勉強をやめると逆にやりたくなってきます。勉強を始めて半年以下だとそのままなしくずしに勉強をやめてしまう可能性が高いので、ゆめゆめご用心を。

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたへのお勧めは【通信講座のフォーサイト】です。
>>いますぐ無料サンプル教材を取り寄せ