社会保険労務士を独学で目指す・決定版

社会保険労務士の独学以外の道

社会保険労務士の試験に合格するには独学だけでも十分可能だとお伝えしてきました。自分でテキストと参考書を選び、勉強時間を考え、スケジュールを立て、それにそって、真面目に努力を重ねることができれば、特に問題はありません。

ただ、独学の途中でどうしても「ひとりじゃ無理?」と不安になることもあります。そんな時は無理して続けずに、独学以外の勉強法を試してみるのもひとつの方法です。

社会保険労務士の試験のための勉強は、独学以外だと、通学と通信講座があげられます。もちろん、これらにもメリット、デメリットがあるのですが、通学の場合は、手厚い講義が受けられ、共に励ましあう仲間が出来るのが大きなメリットですが、授業料は20万前後が平均と割高ですし、授業がスタートする時期が決まっているので、途中参加はNGのところもあります。また、決まった時間に通学するのは意外と困難で、一度休んでしまうとそのままズルズルと行かなくなってしまうという話しもよくあります。

次に通信講座ですが、通学と比べて費用が安いのが一番のメリットでしょうか。だいたいとのころが10万円以下で3万円程度のところもあります。最近はCDやDVDなどを利用し、視覚聴覚を使って勉強するシステムも確立されています。デメリットは、講師などに直接質問ができないこと。ただし、これもメールやFAX、ネットの掲示板でフォローしていることも多いです。あとは自分の時間を決めなくてはいけないのがデメリットとしてあげられますが、独学で勉強できていた人なら、この点は特に問題にならないでしょう。

通学、通信講座には、独学とは違った大きなメリットがあります。それは資格取得のための徹底した受験のノウハウを持っていること。独学で陥りやすい「やみくもに勉強する」ではなく、「試験に合格するために必要な勉強」の範囲と勉強法を各学校が持っているので、この部分だけを目的に、通学や通信講座に切り替えるのも悪くないやり方です。

社会保険労務士を独学で目指すのはすばらしいことですが、目的は独学で学ぶことではなく、社会保険労務士の試験に合格すること。これを忘れないでいたいものです。

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたへのお勧めは【通信講座のフォーサイト】です。
>>いますぐ無料サンプル教材を取り寄せ