社会保険労務士を独学で目指す・決定版

通信講座は「プロによる指導」、独学との違いは歴然

社会保険労務士試験の受験対策として、忙しい社会人を中心に、最近では「通信講座」という選択肢がずいぶん一般的になってまいりました。

「時間がないからスクールに通えない」という方でも、基本的に自宅で、1人で学べる通信講座であれば、現状でも無理なく勉強できるために都合が良いのでしょう。

昨今の社会人の資格取得ブームの中で、以前にも増して通信講座が注目されるようになってきており、そんな影響から通信講座業界全体の質が格段に上がってきていると言えます。

 しかしながら、中には
「社会保険労務士試験のような難しい資格対策に、通信講座で大丈夫?」
「通信講座なら、独学でも結局おなじことなのでは?」

と、通信講座に対してあまり良いイメージをお持ちでない方というのも少なくないかもしれません。

確かに、予備校の通学講座と違って学校そのものが目に見える形ではありませんから、なかなか不安感を拭うのは難しいのでしょう。
結果、「通えないなら独学でいいや」と対策の方法を安易に決めてしまう受験生もいらっしゃいます。
ですが、少なくとも社会保険労務士試験の難しさを知っている立場から言わせていただくなら、「独学を選ぶなんてみすみす合格を逃しているのと同じ」といった感が否めません。

 社会保険労務士試験対策に限らず、そもそも「通信講座」と「独学」ではどんな点に違いがあるのでしょうか?

基本的には自宅で、自分で学んでいく形式に相違はありませんが、
決定的な違いとしては「教材やカリキュラムが提供されるかどうか」を挙げることができます。
通信講座であれば、申込みをすればあとは相応しい時期に教材が到着するのを待つだけで、一からテキストを選んだり学習の順序を組み立てたりといった手間はありません。
一方で、独学の場合にはすべてを自分自身で検討し、選び取っていく必要があります。
つまり、「勉強を始めよう!」と思い立ってから実際に学習がスタートするまでに、相当の時間がかかってしまうことになるのです。
加えて、選んだ教材や考えたスケジュールについても、合格を目指す上で相応しいものかどうといえば定かではありません。
合格を目指す上では不十分な内容のままで対策がスタートしてしまう、そんなことも往々にしてあり得るでしょう。
これではいくら時間を費やしても、望む将来を掴みとることが出来ませんね。

このように、効率良く、しかも確実に合格できる方法で学ぶためには、通信講座の受講はもはや必須であると言っても過言ではありません。
お手軽な独学は、一見すると理想的な学習法のように思われますが、後々まで付いて回る様々なリスクにもしっかりと目を向ける必要があります。

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたへのお勧めは【通信講座のフォーサイト】です。
>>いますぐ無料サンプル教材を取り寄せ